2009年01月27日

バーンスタインのシベリウス:交響曲第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

新盤はウィーンのムジーク・フェラインザールでのライヴ録音で、きわめて劇的な熱演だ。

いかにもユダヤ人のバーンスタインらしく、テンポを遅めにとり、じっくりとうたわせながら豪快に表現していて、その大胆な演出力には圧倒されてしまう。

堂々とした巨匠的風格を、実に彫りの深い表現のなかに示している。

間もたっぷりととられており、表情が濃密だ。

第1楽章の冒頭から牧歌的な明るさと清澄な感覚美、第2楽章の悠然とした歩み、第3楽章の各部の対照の鮮烈さ、そして、終楽章における孤独に連なる哀愁感。

これはバーンスタインの演奏のなかでも、最も創造的な名演といえる。

ことに北欧の重く暗い気分を情緒纏綿と表出した、第2楽章は絶妙だ。また終楽章の雄渾な盛り上げ方も見事で、あたかもストーリーのある、一大交響詩でも聴くかのような気がする。

メンゲルベルクの再来を思わせるような、スーパー・ロマンティシズムを感じる。

旧盤ではバーンスタインが、まさに自己の感じたシベリウスを率直に表現したといえる。

やや陰影に乏しいものの、終楽章は骨組が太くてたくましく、どの部分をとっても明快な表現で個性的な音楽になっている。

「フィンランディア」はニューヨーク・フィルの響きの特徴がよく示され、大柄で力に満ちた音楽を聴かせる。

「トゥオネラの白鳥」も音そのものの明確な効果が印象に残る。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:19コメント(0)トラックバック(0)シベリウス | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ