2009年01月28日

バッハの声楽曲入門


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



第140番「目覚めよと呼ぶ声あり」は、バッハのカンタータの中でもポピュラー・ナンバーのひとつであり、典型的なコラール・カンタータで、喜ばしい気分にあふれた曲である。

第4曲のコラール「シオンは物見らが歌うのを聴く」は、単独のオルガン・コラールともなっている。

マティス、シュライアー、フィッシャー=ディースカウという最高の独唱者を迎えてのリヒターの「目覚めよと呼ぶ声あり」は名演中の名演としてことに有名。

これに「マニフィカト」を加えたのだから、これはバッハの声楽曲入門の1枚として安心しておすすめできる。

リヒターの演奏は、彼のバッハに対する畏敬の念と思慕の深さを感ぜずにはいられない。

表現にも崩れはなくさすがだ。

ドイツ国内における現代楽器のバッハ演奏の中で、リヒターを超える演奏はついに現れなかったといってよい。

リリングはリヒターと対照的な立場にたったバッハ解釈者であり、リヒターにないイタリア風流麗さをもたらしたが、リヒターの峻厳そのもののバッハを冒すことはなかった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:08コメント(2)トラックバック(0)バッハ | リヒター 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kanonhajime   2009年01月29日 00:59
初めてお邪魔させていただきます、カノンはじめです。
トラックバックどうもありがとうございました。
なんと、いろいろと興味を引くものが紹介されていますね。上のCDも、欲しくなってしまいました。
これからも、時々うかがいたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m。
2. Posted by 和田   2009年01月29日 03:39
カノンはじめさん、コメントありがとうございます。
これからもどんどん名盤を紹介していきますので、今後ともよろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ