2009年02月05日

インバルのマーラー:大地の歌


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



マーラーの交響曲でも特に独唱者の力量が問われる作品だが、ヴェテランのシュライアーと新進のネスを起用しているのが興味深い。

独唱のふたりの歌唱が光っている。

〈交響曲〉とは名ばかりのこの作品だが、思い切って歌曲の方に引きつける演奏がなかなかなかった。

ようやくインバルがそれをやってみてくれた。

すると歌曲としては、やたらと壮大でものものしすぎる。奇怪な作品像が見えてくる。変な曲だ。

このあたりの時代を得意とするネスと、ロマン派どまりのシュライアーの、アンバランスも面白い味を出している。

ただしシュライアーは、ぎょっとするようなグリッサンドなどで頑張っており、いつもの端正なシュライアーではけっしてない。

インバルの指揮も、このふたりを支えて、情感豊かに表現しており、彼のマーラー・シリーズのなかでの傑出した演奏のひとつになっている。

しかも、インバルはオーケストラを見事に統率して、リズミックな推進力をもった音楽を作っており、感覚的にもみずみずしく、音楽的にもすこぶる精緻だ。

この曲の作品そのものの本質に迫った注目すべき出来映えの演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:01コメント(0)トラックバック(0)マーラー | インバル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ