2009年02月05日

パールマン&アシュケナージのベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」、第9番「クロイツェル」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



まず、パールマンとアシュケナージのふたりの卓越した技巧と美しい音色に魅了されてしまう。

パールマンのヴァイオリンは、やや線が細いが、美しく流麗に弾きあげており、アシュケナージの明快で力強いピアノが、しっかりと支えている。

ふたりの呼吸がぴったりと合った端正な演奏である。

両者とも卓越した技巧を示しているが、それが単に表面的な技巧にとどまらず、素晴らしい熱気や内面的充実感をもっている。

時には2人が極めて奔放に演奏しているかのように思わせながら、少しも粗さを感じさせない。

「クロイツェル」のほうが断然素晴らしく、その気概と熱気に圧倒されるが、抒情ときらめくような輝かしさもある。

熱っぽい迫力で全曲を弾き通し、手に汗を握らせる緊迫感を見せるが、デモーニッシュな魅力と変化にやや不足する。

とはいえ、フレッシュな情熱をぶつけた真摯な演奏ぶりには好感がもてる。

「春」も素晴らしく、よく歌う演奏だが、節度と端正さが音楽を引き締めている。

ふたりがともに豊かな美音と、決して深刻ぶらない表現をとるタイプだけに、この「春」は特に理想的な名演となっている。

透明感に溢れたアシュケナージのピアノに乗って、パールマンがまさに自在に多彩な表情を聴かせるが、特に緩徐楽章の美しさは絶品。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:05コメント(0)トラックバック(0)パールマン | アシュケナージ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ