2009年01月26日

バルビローリ/パリ管のドビュッシー:「夜想曲」「海」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ドビュッシーにとって最初の本格的な管弦楽作品である「夜想曲」は、水彩画風の独特の響きの魅力を持っている。

この曲の演奏では、生々しい表現は一貫して慎まなければならず、そして、いわゆるドビュッシー的な〈曖昧さ〉を保ちながら、射し込む光のような鮮やかさを全体の中に溶かし込まなくてはならない。

それを実現するのは極めて困難なことだが、バルビローリが発足間もないパリ管と残した録音は、そのなかで、最も納得いく演奏だ。

「雲」では、この指揮者が弦楽合奏に見せるカンタービレの美しさという特質が所を得て、鮮やかで雄弁な表情が穏やかに暗示される。

「祭り」も、決して派手すぎず賑やかすぎず、遅めのテンポで落ち着いた雰囲気を確保して進む。

中間部の行進のところでは一音一音ゆっくりと聴かせて距離感を表現し、あくまでも目前に迫るものではなく遠い風景として、大きすぎる音が出ないように注意深く奏して「シレーヌ」へと繋いでいる。

個性的だが、作曲者のイメージしたものは、このようなものだったろうと思わせる説得力のある演奏だ。

交響詩「海」では、弦楽器群を前面に出して、スコアに書き込まれた旋律をよく歌わせた演奏。

異常に遅いテンポだが、それを支えるパリ管の音は、あくまでも甘くソフト。

色彩感に乏しい棒さばきが少々退屈なので、最初に聴く演奏ではないが、この曲の旋律に馴染んでから聴くと新たな発見がある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:34コメント(0)トラックバック(0)ドビュッシー | バルビローリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ