2009年02月09日

ベームのワーグナー:序曲、前奏曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



いかにもベームらしい格調の高い充実したものばかりだ。

ベーム最晩年の録音にもかかわらず、7曲とも若々しく生気にあふれた表現で、老いの翳りなどみじんも感じられない。

その音楽の核心を鋭くついた彫りの深さは格別だ。

この中で最高の名演は「ローエングリン」第1幕前奏曲。神秘的で崇高な感じを見事に表出しており、フルトヴェングラーの名演奏を思い起こさせる。

そのスケールの大きさと演出力のたくみさ、加えてウィーン・フィルの弦の響きがなんとも美しい。

同3幕前奏曲と「オランダ人」序曲も大変生気に満ちあふれた表現で、オーケストラがうねるようにして動いていく。

「タンホイザー」序曲は重厚かつ情感も豊かで大変聴き応えがあり、またウィーン・フィルが抜群にうまい。

「マイスタージンガー」第1幕前奏曲は、音色にいくぶん艶と粘りが足りないが、音楽の核心に迫っていくベームの真摯な姿勢が最もはっきり打ち出された演奏だ。

ここにはベームの実力が遺憾なく発揮されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:01コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | ベーム 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ