2009年02月15日

ムーティのヴェルティ:ナブッコ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

ヴェルディ初期の第3作目のオペラながら、情熱的な序曲や、今日でもイタリア人の心情を鼓舞してやまない合唱「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」をはじめ、魅力的な音楽が随所にあふれる。

初演から大成功をおさめ、ヴェルディの出世作となったのも当然と思える。

演奏はムーティが最高だ。

ムーティのもっとも得意とする作品のひとつだけに、その熱気とドラマティックな迫力は比類のないものである。

テンポを速めにとり、切れのよいリズムでたたみこむように進め、ヴェルディ初期のオペラのみずみずしい情感を、万全に表現していてすばらしい。

ムーティの長所、すなわち躍動するリズム感、メリハリのきいた音楽づくり、そしてえもいわれぬ音楽的高揚感は、まさに「ナブッコ」のためにあるといってもけっして過言ではない。

それほどにムーティの資質に合った作品といえる。

配役もそろっており、ことに、アビガイレのスコットが傑出している。

そのムーティの「ナプッコ」は、CDではフィルハーモニア管とのもの、DVDではスカラ座での上演ライヴがあるが、歌手も一枚上で、圧倒的な舞台が見られるDVDが広く薦められる。 

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:58コメント(0)トラックバック(0)ヴェルディ | ムーティ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ