2009年02月23日

ブーレーズのリゲティ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



リゲティが1960年代に書いた作品を集めたディスクである。

ちょうど作風が変化していく時期のもので、「メロディ」の明朗な音楽にいたる途上にある。

どの演奏も優れていて、私にとっても、彼の音楽を理解するための手がかりとなった。

口ずさめる歌がない音楽でもときにリリックだったり、温かく包む響きをたたえていることを示す好例である。

1966年作曲の《ルクス・エテルナ》など、リゲティの曲を初めてお聴きになる方に推薦したい。

現代音楽では、音楽に視覚的要素を求める場合が少なくない。

それはシアター・ピースあるいはミュージック・シアターなどと呼ばれ、特定のストーリーは持たないが、演奏者の演技が音楽演奏において要求される。

リゲティの《アヴァンチュール》は、ミュージック・シアターの傑作であり、さらに「発声」の音楽的可能性を徹底的に追求した作品としても注目される。

これを指揮するブーレーズとアンサンブル・アンテルコンタンポランの演奏は、これまで出た《アヴァンチュール》の演奏の中で最も優れた内容のものであり、この破天荒な作品を、見通し易い構成の中に置いている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)ブーレーズ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ