2009年02月27日

ミュンシュのオネゲル:交響曲第4番「バーゼルの喜び」、デュティユー:メタボール


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



オリジナルLP時に仏ADFディスク大賞を受けている。共にミュンシュ唯一の録音である。

両曲とも、むしろゆったりとした速度をもって、音色の変化を豊かにとらえて表現している。

まことに、感覚的なもの以外に音への共感をもったスタイルの演奏である。

ダイナミックな音楽の構造を、確実なデッサンを損なわずに、率直に表現したところに特色があるし、フランス音楽のよさを、直に感じさせる力がある。

ミュンシュの指揮は緻密だ。そして、粘らない。淡白でさらっとしている。

それが、ときにフランスの粋な感覚ともなって表れるのであるが、実に注意力の行きわたった、端正な表現をする指揮者だ。

2曲ともきわめて色彩的な表現で、特に「メタボール」はこのように多彩な音色が必須の作品と考えられる。

ミュンシュの指揮も音楽の力学的な効果を鮮明に表現しており、そのため作品の輪郭が明確に表された印象を受ける。

全体の大きな流れで聴き手を捉える演奏なので、どちらかといえばオネゲルの方が高く評価できる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:10コメント(0)トラックバック(0)ミュンシュ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ