2009年02月27日

カラヤンのレスピーギ:ローマの噴水、ローマの松


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンのレスピーギ「ローマの噴水」「ローマの松」は、曲の細部にまで神経がよく行き届き、構成的にもよくまとまっている。

「ローマの噴水」の方はやや色彩感に乏しいが、カラヤンらしい演出のうまさは、ローマ三部作中最も芸術的と評される「ローマの松」によく表れている。

特に第1曲など荒削りでマッシーヴな音の捉え方をしているミュンシュのとは全然正反対。テンポを遅めにとった入念な分析的演奏から驚くほど新鮮な響きが生まれる。

第2曲以降では、弱音の領域の微細なコントロールが驚異的であり、これによってこの曲の面目は一新した。

第4曲の捉え方も非常に面白い。

出だしのピアノ・ピアニッシモを真面目にコントロールしているので、後半の盛り上がりが、物凄い効果をあげる。

最後の小節の上拍では、オーマンディなど、第3、4拍の打撃音2拍に大太鼓を補強しているようなのだが、そんなことをしなくても充分楽譜通りで効果的なのである。

トスカニーニだったら、カラヤンと同じ考えをとるだろうし、トスカニーニの行き方の究極を究めたようなのがカラヤン盤なのである。

それにしても、録音技術のこれだけ進んだ現在に、トスカニーニのような大指揮者が存在しないなんて、運命とは皮肉なものだ。

録音は、通常CDでも鮮明であり、この黄金コンビの演奏を高音質で味わうことができるのを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:29コメント(0)トラックバック(0)レスピーギ | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ