2009年02月28日

小澤のオネゲル:劇的オラトリオ「火刑台上のジャンヌ・ダルク」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジャンヌ・ダルクがルーアンの火刑台で死を迎える時点から、自らの人生を振り返り、一連の出来事と自分の使命が解きあかされていくという形ですすめられる劇的オラトリオである。

1989年、フランス革命200周年記念公演ライヴ。

小澤は1966年に、ロンドン交響楽団とこの作品をレコーディングしているので、長年、あたためてきたレパートリーといっていいだろう。

小澤の得意のレパートリーだけあって、彼の中から噴き出してくるジャンヌへの傾斜と昇華が、聴き手にストレートに伝わってくる演奏だ。

フランスものを得意とする小澤の良いところが現れている演奏で、フランス国立管弦楽団がボード盤よりいっそう、音楽に色彩感を与えている。

多層的な台本の構成への配慮も行き届いているし、このテクストが要求する音色を感じ取るオケの団員達の能力も凄い。

歌い手や語り手もそれぞれに見事な出来映えで、合唱団が充実した歌唱で劇性を支え、また少年合唱団も懸命の好唱ぶりを聴かせる。

生彩はあるものの、あまり音楽作りがこまやかではないためか、聴き終わってみても、それほど印象的な部分はなかった。

ちなみに日本でも小澤征爾がサイトウ・キネン・オーケストラと、ステージで演奏している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:42コメント(0)トラックバック(0)小澤 征爾  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ