2009年03月04日

ホリガー:現代オーボエの領域


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



オーボエという楽器の枠を無限に広げた天才ホリガーを聴くのにはうってつけの名盤だ。

事実、ホリガーの場合は、演奏が始まると、並外れて優れた力量に誰もが気付くという種類の超絶的な名手なのである。

これはレコードでもほとんどの場合感じられることで、彼がソロを始めるや否や、フレーズがどうとかリズムがどうとか、あるいは技巧や音楽性云々を語る以前に、もうすでに完全に完成された音楽を感じさせる。

うまいとか見事にとかの言葉では言い表せない完璧で完結した音楽。

このディスクに収録された現代作品などの場合は特に、音楽の凄味となって表われてくるのである。

アンサンブルの曲もあるが、聴きものは自作のソロ作品。

スタジオでのデジタル録音という環境が前衛作品らしい効果を高めている。

特にスタジオの無音状態から突然鳴り響く音のありよう自体が、なにかしらホリガーを印象付けるものでもあった。

現代作品としては他にもCDがないではないが、ホリガーのを聴くには録音面からもこれが一番いいだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ