2022年08月07日

👂リヒテル幻のインスブルック・ライヴ👉驚くべき集中力でバッハの長大な平均律を音にして行くコンディションも絶好調(当時58歳)👍


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



インスブルック盤は、有名なセッション録音盤と較べ、テンポの緩急や表情の起伏が大きく、トータル・タイムが約19分も短いという、実演ならではのテンションの高いものとなっている。

躍動感にあふれ、曲によってはすごいスピード感でフーガを刻み込む一方、前奏曲ではときに沈潜し、ときには澄明な明るさを見せて、表情豊かで太い流れを生み出し、巨大な連続性を感じさせてくれる演奏は実に感動的だ。

オリジナル楽器による演奏が顕著になってきた20世紀末にあっても、1世紀前のブゾーニ以来変わらず、依然としてピアノで弾く『平均律』の演奏は好まれている。

それがこの曲集の持つ底なしの可能性の一面をのぞかせている。

同じく現代ピアノによるグールドやシフ、ニコラーエワといった名演もあるが、リヒテルのものは全編を徹底したロマン的詩情で貫いており、20世紀最後の巨匠的ピアニストの偉業としても残るものだろう。

ソフト・フォーカス的な録音によって掻き消されてしまう声部の明確な分離も、この圧倒的な詩情の前では些事としか映らない。

バッハが前奏曲とフーガという組み合わせの中に実に多様な表現と感情移入を可能としていたことを、リヒテルは明らかにしている。

それだからこそ、その作品は芸術として大きい。

ここでのリヒテルを、抒情的に流れすぎていると思う向きもあろう。

だが、そのために無味乾燥を避け、聴き手の心に長く残る演奏芸術となった。

リヒテルが生命体とした『平均律』から私達はすばらしい音楽体験が味わえる。

それは20世紀後半に好まれたバッハ演奏の、ひとつの典型を示していると言えよう。

リヒテルはここで、広いコンサートホールや大聖堂ではなく、修道院の付属教会を演奏会場に選んでいる。

当時58歳のリヒテルはコンディションも絶好調だったようで、驚くべき集中力でバッハの長大な作品を音にして行く。

それまでの『平均律』連続演奏会や入念なセッション・レコーディングで、この大作に深く取り組んできた後だけに、ゆるぎない確信に満たされたかのようなアプローチには凄いほどの説得力が備わっている。

考えてみれば大ホールでの演奏のときも極限まで照明を落とすリヒテルのことであるから、演奏の際に周りの環境が及ぼす影響も決して小さくはないだろうし、だからこそここでの演奏にそうした環境面での良い影響が現れたのだとも言えるのではないだろうか。

プロデューサーは指揮者でもあるオトマール・コスタと、ピアニストでもあるテオ・ペーア、エンジニアはクラリネット奏者でもあるハンス・ヒムラーというチームにより、教会でのライヴ録音ながら、すっきり明晰で聴きやすいサウンドに仕上がっているのが嬉しいところ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:45コメント(0)バッハ | リヒテル 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ