2009年03月21日

ワルター/コロンビアのベートーヴェン : 交響曲第1番&第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ロマンティックな表情で、のびのびと旋律を歌わせた演奏である。

その柔和で素朴な情感は、ワルターの穏やかな人柄がそのままあらわれているかのようだ。

ワルターは、ハイドンやモーツァルトでも数多くの名演を残しているので、ふたりの作曲家の影響が色濃いこの2曲など、古典派の歴史をひもとくつもりで、ワルターの演奏で聴くのも面白いのではなかろうか。

ワルターは、彼の個性の中にもっているモーツァルト風の特徴をはっきり出し、決してドイツ風の濃い表情をとらず、むしろ何の屈託もなく自然に表現している。

誇張もなければ強い主張もしない。柔らかに流れるように演奏している。

そうかといって、ハイドン風に様式化された表現ではなく、やはりモーツァルトの柔軟で優雅な音楽的雰囲気の演奏である。

第1番はワルター独自のアゴーギクによって、徹底して歌わせた演奏。

個性的ではあるが、作品の古典的構成を無視しているわけではなく、そのニュアンスの豊かさは十二分に評価できる。

第2番は交響曲全曲中の傑作のひとつで、青春の歌とも形容したい作品をロマンティックに、生き生きと表現して余すところがない。

実にあたたかく、人間的に息づく音楽である。

ことに第2番のほうは、ワルターが録音したベートーヴェンの全交響曲のなかでも、トップランクのものである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:52コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ