2009年03月22日

ワルター/コロンビアのベートーヴェン:交響曲第7番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ワルターの第7番は、劇的な起伏より純音楽的な美しさを求めた平衡感の強い、音楽的に練りあげられた表現である。

しかし、巨匠的ともいえるスケールの雄大な音楽で、81歳の指揮者とは思えない緊張力と生命力に感嘆させられてしまう。

野性的といえるほどに情熱的なこの第7番を、ワルターは平穏な特徴をつかんで演奏しているところに特色がある。

大人しく、表だった迫力や推進力よりも、ご飯をゆっくり噛んで味わうような趣があり、それはそれで美しい価値がある。

スケルツォと終楽章をトスカニーニと比較してみると、その特徴がよくわかる。

ワルターのように、円満な表情でいたずらにまくし立てない壮麗な雰囲気をもった演奏も、ドイツ流の伝統的なものとして尊い。

ギリシャ的舞踏の聖化を、ワルターは柔軟で優美な形象の雰囲気から描き出そうとする。

終楽章にしても、はめをはずした歓喜の酩酊はなく、ワルターは香り高い酒の匂いを楽しんでいる。

歓喜のなかに沈思を求めたのがこのワルターの「第7」である。

また第2楽章での、前打音を拍の前に出す扱いは珍しい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:31コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ