2009年04月19日

リヒテル&コンドラシンのリスト:ピアノ協奏曲第1番&第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



真のヴィルトゥオーゾでなければできない演奏を披露しているのがリヒテル。多彩で緊密なリストである。

エネルギーの激しい放出、いかにも雄渾で剛直な表現、演奏全体を支配している熱気、など聴き手を圧倒するに充分。

とかく突っ走りがちな並みの技巧家とは違って、リヒテルは多少遅めのテンポで重厚に弾き進んでゆき、その中で大きく伸縮させている。

しかも他の演奏にはみられない高貴な雰囲気ですべてを包んでいるところまで、リストそのひとの演奏をすら思わせるものである。

いずれの曲も情緒を大切にした彫りの深い表現で、雄大なスケールと詩情が理想的にミックスされており、技巧的にも間然とするところがない。

第1番は、終楽章に向かっての劇的な音楽づくりにひかれるし、第2番は、ソロとオーケストラとの絶妙なかけあいが光る。

特に第2番は一段と細かいところまでみがきがかかっていて、しかも様式統一が見事に行われている。

こんなスケールの大きな、また深い味わいをもった演奏は今までに聴いたことがない。

コンドラシンのサポートも卓抜で、何より音楽的。

味があるリストだから、何度聴いても飽きがこないだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:47コメント(3)トラックバック(0)リスト | リヒテル 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by analog_psy   2009年04月19日 21:42
元気になったら聞いて見ます。
TBありがとうございます。
2. Posted by 和田   2009年04月20日 02:12
analog_psyさん、まずはお元気になられて下さいね。
3. Posted by analog_psy   2009年04月20日 04:53
ありがとうございます。
和田さんも心身ともにお身体は本当に大切に。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ