2009年04月23日

カザルスのベートーヴェン:交響曲第7番&第8番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



パブロ・カザルスが1969年と63年にライヴ録音したこの1枚は、人間の精神の営みの逞しさと美しさの偉大な証明となっている。

当時90歳前後であったカザルス翁の生み出す音楽は、どんな指揮者よりも若々しく、峻烈なベートーヴェンだ。

カザルスは強靭な精神力で、ベートーヴェンの英雄的な偉大さと古典主義的厳しさを表している。

それが何ひとつ不自然さを感じさせないのは、カザルスと作品の間に通じるものが多いためだろう。

あらゆる声部に対し、カザルスは豊かな表情と息遣いを与えつつ、しかもそれを一気呵成にまとめ上げる事によって、この稀有な名演が誕生したのである。

新解釈と呼ばれるような奇抜さなどは微塵もない。カザルスのアプローチは至極オーソドックスである。

しかしその中に漲る生命力は、全く余人をもって代え難いものとなっている。

マールボロ音楽祭管が寄せ集めのオーケストラで粗いのが残念だが、ここには音楽アプローチの原点がある。

特に第7番はカザルスの指揮した一連の録音の中でも優れた演奏といえる。

第8番は、この小さく古典的な曲の内部にあるエネルギーを見事に表現しており、娯楽性とはほど遠い壮烈な音楽だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:48コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | カザルス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ