2009年05月05日

ワーグナー:ニーベルングの指環入門(セルのハイライト盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「指環」の聴き方であるが、最初から全曲を聴いたのではわけがわからない。

ワーグナーは舞台をみずに音楽だけ聴いても情景がわかるよう、100種ものライト・モティーフ(動機)を作り、それを全曲にちりばめた。

たとえば〈ジークフリートの動機〉〈眠りの動機〉〈不機嫌の動機〉〈呪いの動機〉〈死の動機〉〈愛の決心の動機〉などである。

これらの全部でなくてもよいから、せめて30でも40でも暗記すれば、知っている動機が出てくるたびに懐かしく、たのしく、筋がよくわかる。

動機をおぼえるのは「指環」のハイライト盤を聴くにかぎる。セル指揮クリーヴランド管弦楽団がベストだ。

聴きどころ全6曲が舞台の進行順にオーケストラだけで演奏されており、これを耳にタコができるくらい聴きまくるとよい。

セルのワーグナーは、ドイツの指揮者たちと違って、ドイツ・ロマン主義の伝統や因習などワーグナー演奏につきものの、一切の虚飾や無駄を排し、曲の核心に真っ向から鋭い刃物で切り込んでいくものである。

1968年、セルの晩年の録音なので、老熟した芸風がよくあらわれており、フルトヴェングラーやクレンペラーのようなドイツ的な演奏とは対照的に、現代風に明快に表現している。

ドイツ風のワーグナーに慣れた耳には異質に聴こえるかもしれないが、これはこれで現代のひとつの解釈として受容できる。

これらの中では、堂々とした表現の「ジークフリートの葬送行進曲」やセルのリズム感覚の素晴らしさが示されたスケールの大きい「ワルキューレの騎行」が特に見事だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:06コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | セル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ