2009年05月06日

ブーレーズのバルトーク:管弦楽のための協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ブーレーズはこのところ、随分角がとれておとなしくなった。

このバルトークも極めて洗練された表現で、モダン・ミュージックの古典のようにアプローチしている。

だがスコアの読みの深さはさすがで、曖昧な箇所は一つもなく、書かれてある音符はすべて耳に届く趣向になっている。

ブーレーズの演奏は、バルトークの管弦楽法の精髄を示すような、極めて緻密な曲づくりである。

それぞれの楽器の動きが細部にいたるまで明晰に描かれ、立体感のある音響空間を作り出している。

まるでスコアの透かし彫りをみるような演奏で、いかにも頭脳明晰なブーレーズらしい表現だ。

そして何度かおとずれる恍惚とした美しい響きの瞬間。すみずみまで現代的な感覚を生かした演奏といえよう。

シカゴ響のアンサンブルも精緻そのもので、その腕の確かさはまさにこの曲向きというべきだろう。

その名人芸的なアンサンブルも緻密この上なく、コンチェルタンテな部分では、このシカゴ響の凄さが威力を発揮する。

現時点でのリファレンスともいうべき、揺るぎないスタンダードといえるだろう。

組み合わされた《4つの小品》も、見事というほかはない名演といえる。

円熟のブーレーズの手にかかると、実に都会的に洗練された音楽になってしまう。

歳月の経過を、改めて感じさせる1枚ではある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:19コメント(0)トラックバック(0)バルトーク | ブーレーズ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ