2009年05月10日

ミケランジェリ/ヴァチカン・レコーディングス


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ミケランジェリの1960年から1987年までのヴァチカンでの演奏会の録音を集めたもの。

海賊盤がひしめいているミケランジェリのCDだが、巨匠の没後、側近の一人であったレコーディング・プロデューサー、ウォルフラム・ブルゲルトが遺族の意向を受けて立ち上がり、正式にオーソライズされた演奏だけを順次CDリリースしていくことになった。

メモリアABMというのがこのシリーズで、この4枚組は記念すべき第1弾である。

生前のミケランジェリがヴァチカンで行っていたコンサート録音をヴァチカンから返却してもらい、巨匠自身がCD化を考えていた演奏である。

古いものは1960年の「皇帝」協奏曲(指揮マッシモ・フレッチャ)、1962年のシューマンのピアノ協奏曲(指揮カヴァッツェーニ)だが、中心は1987年の録音である。

20ビットのマスタリングが成果を上げており、音質的にも満足のいく内容だ。

"ああミケランジェリだ!"と叫ばせる音の美学が感じられ、およそ通常のピアノ演奏の領域を超越した音と人間との高度な対話の世界へと招き入れられる。

たちのぼる幻想の炎に酔うドビュッシー、鬼気迫るラヴェル、引き締まった音楽性に身も引き締まる協奏曲など、1枚1枚が宝であり、これほど高貴な芸術的香りを感じさせる演奏もないだろう。

アルフレッド・コルトーが「リストの再来!」と絶賛した言葉が実感できる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:07コメント(0)トラックバック(0)ミケランジェリ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ