2009年05月12日

シェルヘンのベートーヴェン:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

ヘルマン・シェルヘンはLP初期からステレオ初期にかけて夥しい録音を残したが、当時のわが国のレコード批評は概して「我流で恣意的に音楽をつくるクセの強い指揮者」としてあまり高く評価されなかったようである。

確かにクセの強い個性的な解釈を聴かせる指揮者ではあるが、それが、さまざまな演奏の可能性を経験した現代になってもなお、あるいは現代になっていっそう、新鮮で面白く聴こえてくる。

シェルヘンの演奏は、時代よりも進んだ先進性・実験性を有していたのだ。

さてそのシェルヘンの演奏、ルガノ放送録音によるベートーヴェンの交響曲全集もCDで発売されたが、それとは別の正規録音のベートーヴェンのウェストミンスター録音が仏ターラからCD化され、改めてシェルヘンの芸術を楽しく味わうことができた。

シェルヘンはフルトヴェングラーの観念的な解釈とは正反対だ。実際にフルトヴェングラーを意識していたのかもしれない。あいつはどうしようもないディレッタントだと。

シェルヘン自身も自学自習してプロの指揮者になっただけに、いっそうそれがよくわかるのだろう。精神主義くそ喰らえとばかりの演奏だ。

音楽家たちと音を出し、音楽をつくることを面白がり、それに快感を感じながら演奏する。

聴いていてハッとする音像や音楽づくり、そしてユーモアとウィット。そうしたシェルヘンの個性はベートーヴェン演奏に鮮明に表れている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:27コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | シェルヘン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ