2009年05月14日

クナの「パルジファル」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ワーグナーはやっぱり《パルジファル》に神秘的な性格を与えようとしていたに違いない。

現在ではむしろこの作品の神秘のヴェールは取り除かれ、響きの美しさなどが前面に出てきて現代化されたのだけれど、神秘性を切り捨てるわけにはいかない。

となってみると、クナッパーツブッシュが実現させた、神秘のヴェールの奥に輝く《パルジファル》はその効力を失わないことになる。

ジェス・トーマス、ジョージ・ロンドン、といった歌手陣は、たとえそこにハンス・ホッターのグルネマンツという希代の名唱を加えても、すでに上映史の領域に入っている。

クナッパーツブッシュの指揮だって当然ながら過去に属しているのだけれど、歌が宿命的に持つ過去への後退をぎりぎり免れているのではないか。

ほとんどリズムの感覚などなく、あくまでゆったりと指揮者は《パルジファル》の中に入ってゆく。

前奏曲で奥地への道に踏み込んでしまったら、あとは聖林を信じるほかはなくなる。

信じたら、儀式への参列の切符を手にしたも同然。

そして第1幕で、また第3幕で、いつ果てるともなく、と思えるくらいの感覚で繰り広げられる儀式に、同化し、陶酔するほかはなくなる。

もしかしたら、聖林は、金メッキしたまがいのものであるかも知れないのだが、クナッパーツブッシュの作り出す大きなうねりは、決してそれを気づかせず、崇拝させ、起こる奇跡に法悦を覚えさせることになる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:57コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | クナッパーツブッシュ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ