2009年05月18日

セラフィンの「トロヴァトーレ」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



こと、《トロヴァトーレ》に関しては、セラフィン盤をぬきにしては考えられない。

何よりも指揮の素晴らしさに圧倒され、聴けば聴くほどに味わいを増す名演である。

ステッラ、コッソット、ベルゴンツィ、バスティアニーニの4人によるものは、戦後のイタリア・オペラ界が《トロヴァトーレ》のために組めた最強のキャストであった。

このセラフィン盤ほど4人の主役の声のバランスが見事な演奏もない。

これに匹敵するのは、ほぼ同時期に録音されたトゥッチ、シミオナート、コレッリ、メリルによるシッパース盤だが、惜しむらくは指揮がいささか単調すぎる。

それに対し前記4人のキャストを揃えたセラフィン盤は、作品のスタイルと性格を明快に表現する指揮に加えて、スカラ座のオーケストラと合唱団も素晴らしく、このオペラの魅力を満喫することができる。

特にコッソットのアズチェーナ、バスティアニーニのルーナ伯爵は最高であり、殊に後者の存在感は、他に比肩できる者なしの名唱。

《トロヴァトーレ》をつらぬく激情が、この時代のオペラならではのスタイルを明らかにしつつ、炎と化している。

これほど何度聴いても魅了される名演もそう多くはないが、これがまだ国内盤CD未発売とは!

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:50コメント(0)トラックバック(0)ヴェルディ | セラフィン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ