2009年05月19日

内田光子のモーツァルト:ピアノ・ソナタ全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



少女時代にヨーロッパに渡り、現在もロンドンを中心に活躍している内田は、きわめて国際的な感覚を身につけたピアニストで、海外での評価もすこぶる高い。

すでにモーツァルトのスペシャリストとして知られており、ピアノ・ソナタ全集とピアノ協奏曲全集を完成している。

内田は魅力あるモーツァルトを聴かせる、世界に通用する"モーツァルト弾き"だ。

内田はニュアンスに富んだ美しい響きを武器に、たんに優美な再現を目指したのではなく、モーツァルトの無邪気な笑顔の下に隠された哀しみも合わせて捉え、それによってしみじみとした味わいを生み出す。

これが魅力あるモーツァルトになったゆえんだ。

音色は透明を極め、しかも形式的にもしっかりと整えられ、古典的な格調の高い見事な名演になっている。

いわゆる異国趣味を前面に押し出すこともなく、きわめて集中度の強い厳しい筆致のモーツァルトとさえいえる。

モーツァルトのソナタの多彩さを知ることができるのも、この全集のメリットでもあろう。

内田のモーツァルトは、享楽的な気分で聴けないのが、特徴でもあり好悪の分かれるポイントだろうが、これだけ愉悦感にあふれた音楽をつくることができれば、立派だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | 内田 光子 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ