2009年05月20日

バックハウス/モーツァルトリサイタル(スタジオ録音)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1956年のモーツァルト生誕200年を記念して録音されたものである。

バックハウス晩年の枯れた芸の極致とでもいえるような内容の深さをもった演奏で、モーツァルトの音楽としてはやや重厚にすぎるが、聴き込めば聴き込むほどに味の出てくる名演だ。

ここにはバックハウスの巨匠的な人間性がまざまざと表れている。

モーツァルトの音楽に秘められていたベートーヴェン的な意志力と、ソナタ形式に対する驚くべき可能性への予見が格調高く示されている。

みずみずしい美しさをたたえた音とまろやかで厚みのある響きは、ピアノという楽器を知りつくした名手にして初めて弾き出せる質の音質だ。

バックハウスのモーツァルトも内田光子同様、決して享楽的な気分で聴ける演奏ではないが、晩年を迎えた巨匠がまるで童子に返ったように、無心の境地で音楽と戯れる風情は、なんともいえず感動的である。

「鍵盤の獅子王」と呼ばれたバックハウスが、一切の我欲を捨て去り、ただひたすらモーツァルトと戯れたこの演奏は、彼を知る者にとってはかけがえのない遺産になるだろう。

特にK.332とK.330が傑出した演奏。

録音はさすがに古くなったが、純正のステレオ録音であり、CD化によってずいぶん音が若返っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:30コメント(0)モーツァルト | バックハウス 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ