2009年05月27日

フリッチャイのチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フリッチャイが、日々肉体を蝕む白血病と闘いながら録音したのが、この「悲愴」である。

初リリースされたのは、録音から37年後の1996年。第1楽章の一部の再録音を望みつつ逝ってしまったため、お蔵入りになっていたからである。

1996年4月、本CDが初出されたときには少なからぬ衝撃を受けた。こんな凄い名演が指揮者の許可を得られないまま、37年間もオクラになっていたというのだから……。

こじつけではなく、まさに命の炎を燃やしながらの凄演だ。

個性的には違いないのだが、個性的というにはあまりにも曲と一体化していて、とにかく《悲愴》という音楽が最も雄弁に、劇的に、抒情的に、内容的に、かつ音楽的、芸術的に語りかけてくるのだ。

リパッティのラスト・コンサート同様、真正面から真剣に向き合いたい。

第1楽章は、まるで病魔に肉体と魂がおかされていくような音が恐ろしいが、それに敢然と立ち向かう崇高な生き方にこそ心動かされる。

第2楽章は、美しかった生への回顧であり、叶わぬ夢である。

第3楽章は、人生は所詮一場の夢に過ぎないという諦観から生まれた音の祭りだ。

そして、第4楽章こそは、まさに告別の歌だ。生きることへの執念、魂の慟哭が、途轍もない音響体となって、聴く者に襲いかかる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)チャイコフスキー | フリッチャイ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ