2009年05月29日

ヨーヨー・マのバッハ:無伴奏チェロ組曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この演奏を聴いていると、チェロはこんなに従順な楽器であったのかと錯覚してしまう。

ヨーヨー・マの手にかかってはチェロは楽々と演奏されてしまう。

このCDを初めて聴いたとき、チェロ界に新時代が到来した、との思いを禁ずることができなかった。

いかにも伸び伸びとしていて技術上の労苦の痕跡など少しもない。

マの演奏は明るく豪快な音色と闊達なテクニックで、実に楽々とこの難曲を退治し尽くしている。

ここでマが聴かせるのは、あふれるような情熱をもって、おおらかに歌いあげてゆく青春のバッハというほかない。

マの表現からはリラックスした雰囲気が伝わり、深刻なかげりのある深さはまだないが、それは彼の今後の成熟を待たなければならないだろう。

この曲集がこんなに楽しいものかと、いささか疑問に感じられるほどである。

ただ若いうちではできないこともあり、マは身につけた技巧の限りを尽くして、臆せずバッハに挑んでいる。

大バッハの神品といった有難さよりも、音楽を純粋に味わう喜びの方が、ストレートに伝わってくる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:29コメント(0)トラックバック(0)バッハ | ヨーヨー・マ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ