2009年05月30日

マイスキーのバッハ:無伴奏チェロ組曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バッハの「無伴奏」は、チェリストの音楽的資質と技巧水準を白日のもとにさらけだしてしまう作品だが、マイスキーの魅力はこの曲でいっそう大きく顕現している。

張りのある美しい音色で演奏した、たくましく彫りの深いバッハである。

完璧な技巧を駆使しながら、一分の隙もなくまとめた演奏で、作品の内面にひたむきに迫った、実に屈折した陰影の濃い表現で、密度の濃い音楽をつくりあげている。

マイスキーはソ連にいた頃、狂人を装って精神病院で、当局の摘発を逃れたという、ユニークなキャリアの持ち主だけに、ヨーヨー・マほど楽天的にはなれない独特の人格を形成したのだろう。

そうした彼のパーソナリティが、この演奏に反映しているのか、ピンと張り詰めた緊張感と、独特の集中力が凝縮され、享楽的な気持ちでは聴くことができない。

彼の演奏にはヨーヨー・マのような楽天性を全く感じさせない。マイスキーが目指しているのは、バッハの音楽そのものの実質に肉薄することである。

内面的な掘り下げも深く、精神の葛藤すら感じさせる、マイスキーならではの境地が感じられよう。

耳を喜ばせるヨーヨー・マに対し、マイスキーは聴き手の精神に訴えかける。

明るく豪快であるよりも、より精緻で耽美的な世界が展開されているのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:59コメント(0)バッハ | マイスキー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ