2009年06月15日

アルバン・ベルクSQのモーツァルト:弦楽四重奏曲「狩り」&ハイドン:弦楽四重奏曲「皇帝」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アンサンブルがきわめて緻密で、きびきびとした演奏である。

メリハリが実にはっきりとしていて、少しの曖昧さもない。

4人の奏者がそれぞれ溌剌と弾いているが、その造形はいささかの狂いもない。

内容の充実した、まさに現代風のハイドンとモーツァルトの演奏である。

「皇帝」の第1楽章では、いくぶんテンポを動かしているが、アンサンブルの乱れはまったくない。

まるで精密機械のような演奏のなかにも、巧みな盛り上がりと精妙な旋律の歌わせ方にウィーン的な香りを感じる。

第2楽章の「皇帝賛歌」を主題とした変奏曲の演奏などその好例である。

「狩り」は、精緻なアンサンブルのなかにも、ウィーン風の甘美な音色をもったこの団体の個性を聴くことができる。

メンバーの第2ヴァイオリンが、メッツルからシュルツに変わっているが、以前にも増して切れ味のよいアンサンブルだ。

造形的にもきちんとまとめあげており、弦の響きも澄明でみずみずしい。

特に第2楽章メヌエットのきめのこまかい端正な表現は比類がない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:03コメント(0)アルバン・ベルクSQ | ハイドン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ