2009年06月16日

パールマンのメンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲(ハイティンク)、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(オーマンディ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



メンデルスゾーンは、あくまでもリラックスして、美音を浪費するかのような、いかにもパールマンらしい伸びやかな素晴らしい名演といえる。

パールマンはヴァイオリンの特性を生かした、朗々と歌う美しい演奏を展開している。

テクニックの優秀さは言うに及ばず、音色の透明なことと歌に感情がこもっていることでも、他に比肩する演奏はちょっと見当たらない。

あまりに美しくてうますぎて、内面性に乏しいなどと、贅沢なケチもつけたくなるほどの、完全無欠な演奏なのである。

ハイティンク指揮コンセルトヘボウ管も、パールマンにピッタリと付けて遺漏がない。

チャイコフスキーも文句のつけようがない名演。

快刀乱麻を断つような技巧の冴えと、磨き抜かれた美しい音色、そしてヴァイオリンをヴァイオリンらしく歌わせる、そのセンスの良さは、パールマンの天性の賜物だろう。

少しも難曲らしくなく、自然で融通無碍な演奏だ。

またここでのオーマンディの指揮も見事の一語に尽き、「協奏曲の神様」と謳われた巨匠の面目が躍如としている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:50コメント(2)トラックバック(0)パールマン | ハイティンク 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yoshimi   2009年06月16日 09:41
こんにちは。パールマンのメンデルスゾーンは良いですね。太目ののびやかな響きと表情豊かな歌いまわしは、何度聴いても飽きません。
Youtubeに古いライブ映像があって、音楽と共鳴しているような弾き方がとても印象的でした。彼がとても楽しそうに曲を弾いているので、聴く方もその明るさに感染してしまいそうです。

EMIの国内盤(この盤とはカップリングが違います)はあまり音質が良くなくて、ヴァイオリンの音が小さくてやや後方から聴こえてきて、ちょっと痩せているように感じます。室内楽やソロはそれほどでもないですが、コンチェルト類はそういう音質が多いような気がします。
93年のライブ録音(WARNER/TELDEC盤)はクリアな音でヴァイオリンも前方から聴こえてくるので、今はこちらの方を聴いています。

2. Posted by 和田   2009年06月16日 12:24
yoshimiさん、いつも私のブログを読まれて、コメントいただきありがとうございます。

実は私がメンコンを一番最初に聴いたのが、パールマン&ハイティンクのLPでした。しかしCD化は成功とはいえず、ヴァイオリンの音の透明感が欠けているように聴こえます。

93年のライヴはバレンボイムとでしたね。未聴ですが、中古で安く見つけたら購入しようと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ