2009年06月18日

パールマン&ジュリーニのブラームス:ヴァイオリン協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



パールマン&ジュリーニのブラームスは、作品の内面に深く分け入り、じっくりと歌い上げた究極の名演。

あくまでもヴァイオリン的な美感を歌い上げたパールマンの演奏は、ともかく生理的な快感に身を任せられる。

響きの美しいロマンティックな演奏で、感覚はすこぶる知的で若々しく現代的だが、実に力強く堂々と弾きこんでいる。

パールマンはユダヤ系のヴァイオリニストで、旋律をたっぷりと歌わせることのうまい人である。

ここでは、彼の演奏にありがちな楽天的な性格が影をひそめ、情熱的で男性的に弾いている。

第1楽章でのパールマンは、最高の気迫とパリッとした音色で弾き進むが、決して粗くならずじっくりと情を込めて、ジュリーニの創り出す大きな器に身を任せている。

第2楽章はヴィブラートでしみじみと歌い上げ、格調高く、フィナーレは全身を捧げつくした名演だ。

ジュリーニの指揮は、こくと威厳に溢れ、熱っぽく、スコアのすべてを雄弁に、また真摯に語らせてゆく。

そのソロを引き立てる手腕の巧さは感嘆に値する。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:30コメント(2)ブラームス  

コメント一覧

1. Posted by yoshimi   2009年06月20日 00:55
こんにちは。パールマンのブラームス、久しぶりに聴いてみました。以前はクレーメルかヌブーでよく聴いていたので、冒頭の緊迫感が違いますね。
パールマンは音自体が伸びやかで綺麗なので、キリキリとした鋭角的な演奏にはならないのでしょうが、パールマンにしては力強さがあって、陰影が濃い気はします。オケも尖ったところがなく悠然としていて、ジュリーニらしい伴奏ですね。
クレーメルやヌブーで聴くと緊迫感や白熱感があるのは良いのですが、結構疲れるものがあるので、パールマンの美音とゆったりと大らかさのあるブラームスを聴くとほっとしてしまいます。
EMIの国内盤(私のは名曲シリーズの廉価盤ですが)は76年録音と古いのに、メンデルスゾーンよりはかなり音が良いですね。さほどフラストレーションを感じずに済みました。
2. Posted by 和田   2009年06月20日 01:09
またもやクレーメルと、パールマンという対決の図式ですね。
肉を切らせて骨を切る式のクレーメルとあくまでもヴァイオリン的な美感を歌い上げたパールマンは、いずれも兄たりがたく弟たりがたしです。
ただクレーメルを聴くには、少々苦汁を飲む感がありますが、パールマンはその点、生理的な快感に身を任せられます。
要するは好き好きで、選ばれるべきという結論でしょうか。

ヌヴーのライヴは白熱しながら高揚していく、ヌヴー独自の張り詰めた世界は録音の古さを忘れさせ、彼女のこの曲に対する思い入れには凄味さえ感じさせます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ