2009年07月02日

スラットキンのマーラー:交響曲第2番「復活」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



CDのメリットを最大限に生かした演奏で、予想にたがわず立派な名演だ。

音の面ばかりでなく、スラットキンはマーラーのこの分裂的な交響曲に対し、コンセプトの多層構造をデジタル的に割り切って重層させていく方針をとることによって、彼自身の強大な表現力を獲得している。

その点、スラットキン指揮セントルイス響は、より楽天的というか、曲のあるがままを再現し、マーラーの歌曲への接近と、抒情的な旋律の美しさを無心に表現している。

弦を中心にきわめてオーソドックスなヨーロッパ的スタイルのアプローチで、しかも淡いロマンが漂う若々しさが何とも魅力的だ。

通常の交響曲に対するのと何ら変わらぬ姿勢で攻めているのは、スラットキンの見識とさえいえるだろう。

決して興奮を掻き立てるような演奏ではないが、何度聴いても飽きないのは、実はこうした演奏なのかも知れない。

セントルイス響の多彩な表現力も注目すべきもので、今でもトップ・クラスの名演といえる。

テラークのデジタル録音も、実に鮮明そのもので、ピアニッシモの極限は、もはやアナログ・レコードでは再現し難いところまできていて、オーディオ的にも大いに楽しめる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:20コメント(0)トラックバック(0)マーラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ