2009年08月05日

スターン&イストミンのベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」&第9番「クロイツェル」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタの名曲《春》《クロイツェル》2曲を組み合わせたものでは、スターンのヴァイオリン、イストミンのピアノによるものが、やはり巨匠同士の演奏として高く評価されるだろう。

スターンはこの曲を自家薬籠中のものにして、自由闊達な表情でのびのびと弾き上げている。

対するイストミンのピアノも、実にしっかりとスターンを支え、室内楽の醍醐味を存分に味わわせる。

特に《クロイツェル》におけるスケールの大きな巨匠性、また《春》のインティメートな表現も、さすがヴェテラン同士のアンサンブルである。

スケールの大きな演奏で、中身も濃く、腹にずしりとくる点は両曲とも同様。

この録音時スターンは63歳だが、年齢を感じさせないうまさがある。

ただ力強さにはいささか不足しているものの、品のよい味わいに満ちている。

スターンのつややかな音色とピアノがよく絡み合っているときには、さすがに大家だという印象を受ける。

気の合った2人だけに、フレージングとアーティキュレーションはよく一致している。

両曲ともスターン唯一の録音である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:32コメント(0)ベートーヴェン | スターン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ