2009年08月13日

セラフィンのマスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヴェリズモ・オペラの激情的特質を最も見事に表現した理想的な名演。

旋律の豊かな肉付き、感情内容の深さ、リリカルな効果の美しさ、そしてオペラティックな魅力のすべてにわたってまったく申し分ない。

ヴェリズモ・オペラの傑作のひとつ《カヴァレリア・ルスティカーナ》は、レオンカヴァッロの《道化師》と共に上演される事も多い。

しかしその音楽の特質は、微妙に異なっている。

《道化師》においては、まず主役カニオの強い個性が全曲の感銘度を左右するが、こちらはサントゥッツァとトゥリッドゥのぶつかり合いとそれをまとめ上げる指揮者の力量のバランスが重要である。

その点で、この1枚は数多くのこの曲のディスクの中でも特に重要なものと言える。

シミオナートのサントゥッツァは、メゾでありながら高音部の輝かしさを持ち、かつドラマティックな表現力においては肩を並べるものがない。

デル・モナコの輝かしい力に満ちたトゥリッドゥもよい。

人間味に溢れたシミオナートのサントゥッツァに対し、利己的な役柄をドラマティックな声と剛直な歌い方でまとめるデル・モナコのトゥリッドゥを、名伯楽セラフィンが支えている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:03コメント(0)セラフィン  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ