2009年08月27日

カツァリスのシューマン:子供の情景/森の情景/音楽帳


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カツァリスの初のシューマン・アルバムであった。

カツァリスはこのシューマンで、これまでのような意表を衝く表現や新しい解釈ではなく、精神を安定させるような伝統的なスタイルを目指しており、詩情豊かにシューマンのやさしい小品集を歌い上げている。

「子供の情景」はカツァリスのストレートな解釈が、曲想を生かしたメルヘン的な雰囲気をよく出している。

あり余るテクニックをセーヴして、優しく子供の世界へいざなう、カツァリス的な表現はまったく新しいアプローチといえよう。

音色が透明で美しいのも、いかにもメルヘンチックである。

標題性をあまり強調していないのだが、カツァリスは音色の変化で、各小品の性格を見事に描き分けている。

端倪すべからぬ名人芸といえよう。

「森の情景」はかなり濃厚なロマンティシズムを感じさせるが、ロマン的な情趣に溺れず、印象としては爽やかさが残る。

特に「音楽帳」ではその思いが強い。

マーク・アレン製のピアノを使用している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0)シューマン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ