2009年08月29日

アバドのストラヴィンスキー


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アバド指揮ロンドン響のストラヴィンスキーは、きわめて鮮烈でユニークな力演で、速めのテンポを駆使して、リズミカルで軽快な都会趣味の表現になっている。

「プルチネルラ」が断然すぐれている。アバドは曲の性格を的確につかみ、きびきびしたテンポで運びながら、全体を精緻に仕上げている。

第8,12,終曲は特に素晴らしく、その生気にあふれた表現に魅了される。アバドの実力が最高度に発揮された、実に見事な演奏だ。独唱陣のなかでは、ベルカンサが一際光っている。

「カルタ遊び」もなかなかの好演で、「火の鳥」もよくまとまっている。

「春の祭典」は若々しい感覚の緊張感にあふれた素晴らしい演奏だ。

アバドは曲の性格を的確に把握し、やや速めのテンポでじっくりと運びながら、各場面を明晰に、野性味豊かに描きあげている。

細かく聴くと、この曲にはまだこんな解釈が残されていたのかと、驚かされるような新鮮さである。

特に両幕の序奏部は、美しい歌に満ちた表現が魅力的で、第2部の冒頭など完全な「夜の音楽」になっている。

第2部の「いけにえの讃美」から後半の部分にかけての劇的な表現は圧巻だ。

力と大音量でブカブカと吹きまくる野蛮なストラヴィンスキー演奏ではなく、サウンドが洗練されているのが、アバドの「ハルサイ」の特色といっていい。

これはアバドの力量を如実に示した快演といってよい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:01コメント(0)トラックバック(0)ストラヴィンスキー | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ