2009年09月04日

C・デイヴィス&シュターツカペレ・ドレスデンのシューベルト:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



数多いシューベルトの交響曲全集の中で、これほど全曲が均質化され、気高く交響的な美感をもって演奏された例は少ないだろう。

シューベルトのなかにある独自の孤独感や、祖父がシュレージェン地方の農民であったという血の表明をドイツ的な堅実さで確実に表出し得ている。

全8曲どれをとってもむらがなく、禁欲的な節度と気品を持った演奏だ。

ウィーンの伝統である楽天性や感傷とは一線を画しているが、そこにシューベルトの孤高の心情を描いており、ドイツ的ともいえる堅実な感触が、第5番までの初期交響曲から堂々とした交響性を引き出している。

「未完成」では第1楽章の雄大なスケールと第2楽章の内面の豊かな歌、「ザ・グレイト」での山脈のように聳え立つ緊密な構築も特筆して良い。

さらに、シュターツカペレ・ドレスデンのふくよかな響きが素晴らしい雰囲気を味わわせてくれる。

美しく格調高く温かいシューベルトだが、晴朗な響き、清らかな歌の狭間に、ときに一瞬、作曲家の切ない溜め息が聞こえ、恐ろしい心の暗黒が覗く。

凄い。

シューベルトの本質を衝いた秀演である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 06:43コメント(0)シューベルト | デイヴィス 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ