2009年09月09日

クナ&ウィーン・フィルのブル4「ロマンティック」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



改訂版を用いたものだが、この演奏は感動的で、数多いこの曲のレコードのなかでも屈指の名演といえる。

両端楽章がことに美しく、枯淡に近い精神美と豊かな抒情性をあわせもった表現が展開されている。

弦の神秘な刻みに乗って現れる魅力溢れるホルン、芳醇な香りを湛えた弦の調べに、溶けるような金管の目映さ。

第1楽章で特に胸躍るのは、展開部である。重戦車のような迫力の金管が、しっとりとした弦の音色にくるまれている様が実に美しい。

弦主体のバランスはクナッパーツブッシュというより、デッカ録音スタッフの趣味かもしれないが、改訂版による杜撰なアレンジも粗を見せないばかりか、弦に木管をブレンドさせた部分など、思いもかけない優しい表情を見せてくれる。

第2楽章の魂の逍遥も、まったく肩の力の抜けた達意の指揮ぶりで、聴き手を中世の森へ誘い、第3楽章のリズム感も卓抜だ。

このスケルツォは、改訂版の珍妙なアレンジと短縮によってズタズタにされているのだが、少なくともレコードで聴く限り、それほど不自然に感じないから不思議だ。

そして、全宇宙が鼓動するような圧倒的なフィナーレ!

ウィーン・フィルの演奏も絶妙というほかはない。

モノーラル録音だが、CD化によって、ゆがみの少ないまろやかな音質に改善されていて、音の分離も明快。

ブルックナーの音楽を愛する人にはぜひともおすすめしたい1枚だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:01コメント(2)トラックバック(0)ブルックナー | クナッパーツブッシュ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 佐東 陽達   2010年01月04日 20:17
5 今日、クナの・・・宇野さんの真似・・・DVD買ってきました。アンデアウィーン会場のね。最後に「たか子デラックス」かと思いきやニルソン登場でした。昔のは短いのが多いが珍しく全曲というか1演奏会全部収録。ボスコフスキーやワルターバリリ他、みただけでゾクゾクする黄金の時代の録画でした。
2. Posted by 和田   2010年01月05日 00:16
クナの録画では「ワルキューレ」第1幕もおすすめです。
クナの指揮は必要最小限の動きで、驚くほど豊かな響きをオーケストラから引き出します。
クナとウィーン・フィルは相性が良かったことも事も思い知らされます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ