2009年09月10日

C・クライバーのベートーヴェン:交響曲第4番&第7番(1982年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

1982年5月3日、ミュンヘンでのベーム追悼コンサートライヴ。

そのため通常とは違う雰囲気をもった演奏で、終始張り詰めた緊張と噴き上がるような生命力に満ち、驚くほど明晰な、そして生き生きとした音楽をつくっている。

溌剌とした生命力あふれる内容で、勢いのある流動感のなかに、ベートーヴェンの音楽ならではの力強さが見事に生きている。

オーケストラも驚異的な精度とアンサンブルをもち、クライバーの解釈もユニークだ。

無修正のライヴ録音のため、音そのものが灼熱している。

両曲のフィナーレなど恐るべきテンポだ。

ことに第4番は力感に満ち、「ギリシャの乙女」を見るつもりで聴くと、度肝を抜かれるような激しさをもっているので、誰しもが驚くだろう。

それまで優美な曲といわれていたこの作品を、根本からくつがえすような、圧倒的な迫力のライヴ録音である。

ただ残念なのは、ライヴとはいえオーケストラが躓いている箇所(第4楽章)があり悔やまれること。

第7番も、推進力が素晴らしく、リズムを強調し、切れ味よく、細部にまで神経と血が通い、しかも流麗かつ雄渾で、洒脱さにも欠けない。

聴いていて血わき肉おどり、その華麗さにまばゆい思いすらするし、まさに聴く者を音の渦巻きの中に引き込んでゆく名演といえよう。

ただ劇場的、演劇的効果を狙い過ぎているのがやや難か。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | クライバー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ