2009年09月12日

カラヤンのマーラー:交響曲第4番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンが指揮したマーラーは、音構造がドイツ交響曲的とでもいうべき密度をおびている。

同時に楽譜に記された指示を、妥当な範囲で実現していく。

そこには一種の客観性があり、全体が明晰にまとめられている。

ほのかな情緒がただよう第3楽章は、カラヤンの独壇場とでもいいたい演奏である。

カラヤンのマーラーは他の指揮者と一線を画していると言ってよいかもしれない。

これは悪い意味ではなく、カラヤンのオーケストラ美学がマーラーの交響曲を覆っているという意味である。

したがって、カラヤンはその美学の中で結局第4〜6番、そして第9番、「大地の歌」だけを残した。

どれも名演の範疇に入るが、この第4番は曲の天国的な美しさと、軟体動物のように自由に呼吸するカラヤンとベルリン・フィルの鮮やかさとが実にユニークな世界を作っている。

とにかくしなやかで、天国というよりは魔法の国に迷いこんだ感じすらする。

終曲でのエディット・マティスの起用も成功で、表情もあどけなさと艶っぽさを共存させ、カラヤン流美学が徹底されている。

すべてが見事にまとまっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:58コメント(0)トラックバック(0)マーラー | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ