2009年09月13日

カラヤンのマーラー:大地の歌


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



私がカラヤンのマーラーの中で最も好感を抱いているのは、もしかすると「大地の歌」かもしれない。

この「大地の歌」は、マーラーが李白ら中国の詩人の歌詞に作曲したものだが、カラヤンとベルリン・フィルが奏でる豪華な音楽は、意外にも、この中国風の情景とぴたりと一致する。

はるか遠くにだけ存在するもの、あるいはもはや存在しないものが、束の間だけきらびやかに目の前に姿を現すといった感じがよく出ているのだ。

カラヤンの甘美な音楽が、マーラーが描き出すノスタルジーの世界と驚くほど重なりあっているのだ。

この曲には、色々な楽器のソロが登場してくる。ちょうど、劇の登場人物のように、それぞれの楽器に表現が託されている。

それにやりがいを感じたのか、ベルリン・フィルの奏者たちがすばらしく入念な演奏を聴かせてくれるのだ。とりわけ木管楽器の千両役者ぶりはたいへんな耳のごちそうである。

そうやって極彩色の情景が次々に目の前に広がるのだが、過ぎ去る人生の幸福が、豪華さの中で歌われるからこそ、いっそう儚い。

テノールとアルト歌手も、実にいい。テノールのルネ・コロは甘い声質が悲劇性をいっそう高め、アルトのクリスタ・ルートヴィヒの耽美的な、今この瞬間を愛でるような歌い方も好ましい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:46コメント(0)トラックバック(0)マーラー | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ