2009年09月22日

バーンスタインのコープランド


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バーンスタインは友人であったコープランドの作品を数多く録音しており、これは彼の遺作のひとつとなったディスク。

非の打ちどころのない極上の演奏で、生命力にあふれた色彩豊かな表現には強く心をひかれる。

バーンスタインはこれらの曲を自家薬籠中のものとしているだけに、オーケストラを自由自在に操りながら、乗りに乗った演奏をしている。

どの曲もバーンスタインならではのアメリカ人独特の呼吸とリズム感が息づいている。

特に「エル・サロン・メヒコ」とクラリネット協奏曲を聴くと、バーンスタインがコープランドのよき理解者であったことがよくわかる。

メキシコ民謡を素材とした旋律を明快に生き生きと歌わせた「エル・サロン・メヒコ」は、リズムの明確な生き生きとした表情の演奏で、音楽の勢いとエキゾチックな雰囲気が何ともいえず、楽しい。

また協奏曲ではドラッカーのクラリネットを引き立てた見事なもので、ベニー・グッドマンの演奏に匹敵する名演である。

あまり知られていない「劇場のための音楽」や「コノテーションズ」も文句のつけようがない素晴らしさだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)バーンスタイン  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ