2009年09月24日

クリュイタンスのラヴェル


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クリュイタンスのラヴェルについては、「パリ音楽院管弦楽団とは」の項でも述べたが、特別な魅力のある名盤なので、改めて記す。

ここに聴くクリュイタンスのラヴェル解釈は、とても垢抜けしており、エレガント。

力強さは充分にあるものの、力みすぎるようなことがないし、デリケートな部分はたいそうデリケートに対処しながらも、弱々しくなってしまうようなことがない。

ラヴェルのコンテクスト固有の、気むらな感じで突如として流れが変わってしまうようなところへの対応の仕方が、少しも不自然さがなく、スムーズ。

おしゃべりになりすぎたりせず、それでいて必要なことはきちんと語り尽くしている。

パリ音楽院管弦楽団の個性を巧みに駆使しており、音色が自在で、多彩。

耳にキラキラとするような部分と、抑えたような部分とのバランスがよい。

どの曲の演奏においても、随所に出てくる管楽器のソロがたいそう効果的で、うまく演出されているという感じだ。

指揮者にとっても、オーケストラにとっても、ラヴェルの音楽が無理なく血肉化していると思える演奏内容である。

全6枚のCD、そのいずれからも洗練されたラヴェルを聴くことができるといえよう。 

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:47コメント(0)ラヴェル | クリュイタンス 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ