2009年10月06日

カラヤンのワーグナー:舞台神聖祝典劇「パルジファル」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



《マイスタージンガー》に比べると、個性豊かなすぐれた演奏が多い。

カラヤン盤は、この作品がひたすら豊かな響きの美しさに捧げられていると感じさせる演奏で、彼のワーグナー演奏の集大成とも呼ぶべき美しさ、緻密さ、雄大さ、深さを聴かせてくれる。

そのまばゆいばかりの管弦楽の美しさは、我々を魅了してやまない。

いかにもカラヤンらしい、よく練り上げられた演奏で、宗教的な崇高さと官能的な面を、精緻な表現で見事に表出している。

思わせぶりなしに、ここまでカラヤンの美意識は《パルジファル》を表現してしまった。

カラヤンの《パルジファル》は、彼のワーグナー演奏の頂点に立つ演奏であり、またこの作品のひとつの極を究めた表現ともいえる。

隙のない精妙な演奏は素晴らしく、官能的な美しさと美声を揃えたキャストも充実している。

《マイスタージンガー》と並ぶ、カラヤンのワーグナー演奏の極致というべきだろう。

ベルリン・フィルというオーケストラの力も効いている。

歌手陣も、素晴らしい出来映えだが、パルジファルのホフマンは彼のベストの歌唱であり、またグルネマンツのモルも光っている。

カラヤンは、以前から70歳になったら録音したいと語っていた念願の作品であるワーグナーの《パルジファル》を完成して、その精緻精妙をきわめた表現によって、カラヤン美学の極致を示したのであった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:44コメント(0)ワーグナー | カラヤン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ