2009年10月07日

バーンスタインのハイドン:オラトリオ「天地創造」(新盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1986年、ミュンヘンのヘルクレスザールでのライヴ録音である。

ヘンデル《メサイア》への共感に発する壮麗なつくり、ハイドンの声楽曲特有の崇高さと素朴さとの融合、色彩豊かな自然描写…。こういったあたりが《天地創造》の魅力であろう。

序奏から最後の合唱まで、そのすべてを味わわせてくれるのがバーンスタインである。

まさに"熱い"演奏だ。

序奏の「混沌」からすでに並々ならぬオーケストラの描写力を感じさせる。

バーンスタインの表現は全曲にわたって、実に自然で大きく、また少しも気負うところなくハイドンの総譜から豊かな内容を引き出している。

晩年の彼らしい、ひとフレーズごとにじっくり歌い込む音の運び、そして要所要所でのパワーの炸裂。

全篇にわたってバーンスタインの体質が、強烈にあらわれた演奏で、実演のときにすこぶる燃える指揮をするこの人ならではの、熱っぽい音楽をつくりあげている。

全体に粘っこい表現だが、この曲の神秘的で重厚な性格をよく表出しているのが特徴だ。

オーケストラと合唱はともに熱演で、バーンスタインと見事に協調しており、全身で歌い奏している。

独唱陣にややむらのあるのが惜しいが、モルが最も立派。

これは、まさに、バーンスタインの個性を聴くべきディスクである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:35コメント(0)トラックバック(0)ハイドン | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ