2009年10月25日

プレヴィンのメンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」(完全全曲版)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この珠玉のような音楽の集まりを、どうか全曲、余すところなく録音してもらいたい。

記録としての意義だけでなく、ほんの数小節のつなぎの音楽と見えても、それなりの魅力をはらんでいるのだから。

しかし残念ながら今のところ、メンデルスゾーンが書いた全ての音を1枚に収めたディスクは、プレヴィンの旧盤1枚だけ。

もちろんこれは掛け値なしの名演であり、これで充分以上なのだが、録音の鮮度が落ちていることは否めない。

プレヴィン自身は、なぜか再録音では一部の曲を省いてしまった。

しかも今度は声楽部分にドイツ語を用いている。

英語とドイツ語、どちらが正しいとは言えないが、個人的には英語の方が似つかわしい気がする。

その意味でも、新録音は旧録音の補遺でしかないと思う。

プレヴィンの演奏は、軽やかな明るさにあふれた序曲に、まず惹きつけられる。

細部まで透けた小さな振幅で、よく音の摘まれた妖精的な小世界を導き出している。

プレヴィンの指揮で聴くメンデルスゾーンは、音楽の表情がとても優しく、またなめらかで、聴き手をファンタジーの世界へとごく自然に導く、そんな魅力にあふれている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:35コメント(0)メンデルスゾーン | プレヴィン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ