2009年10月30日

インバルのマーラー:交響曲第3&4番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

「巨人」や「復活」に比べ、「第3」のインバルの指揮は上をいく出来である。

指揮者の解釈と意図の細部までが、どの奏者にも徹底しており、指揮者とオーケストラの関係が非常にしっくりとしているのが良く分かる。

そして、マーラーの楽譜が驚くほど綿密に研究され、分析的な構成美をいかん無く発揮している。

いかにもユダヤ人の指揮者らしく、旋律をたっぷりと、豊麗な音色で歌わせた演奏である。

第1楽章からして、各パートの複雑きわまりない旋律を、きわめて精密に表現し、各動機や主題を見事に処理しているが、ことによいのは耽美的な気分にあふれた終楽章で、やや遅めのテンポでじっくりと表現している。

長大な第1楽章を1枚に収め、第2〜6楽章を2枚目に収録した方法も賛成。

「第4」は感興のおもむくままに、明るく天国的な美しさを表現した演奏である。

旋律を思う存分歌わせながら、きわめてロマンティックな表現だ。

インバルは、マーラーがスコアに書き込んだあらゆる指示を精密に検討し、可能なかぎり忠実に実践しようとする。

彼の資質である抒情性と、知的で清潔な音楽性が発揮された演奏であるといえる。

それは晴朗そのものであり、無理のない流麗な表現である。

フランクフルト放送響も、ドイツのオーケストラだけに骨格がしっかりとしており、アンサンブルも緊密である。

終曲のドナートは巧緻で、歌の内容を深い抒情感で示し、豊かな風格を感じさせる。

このオケと指揮者のマーラーの中では、濃厚な演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:39コメント(0)マーラー | インバル 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ