2009年12月01日

グリュミオー&デイヴィスのモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



いかにもグリュミオーらしい艶美な音色と、軽快なリズム感の光った名演である。

この人は、ヴァイオリンの名器を数多く弾きこなしてきたことでも知られており、ここでは「前ジェネラル・デュポン」というストラディヴァリウスを使って弾いている。

そのせいか、このモーツァルトは本当に華麗で美しい音色をしている。

まるで春の夜の雨に濡れた舗道が光り照らされているかのようだ。

もしくは澄み切った青空のような音と喩えることもできよう。

グリュミオーの新鮮な音と表現は、モーツァルトにぴったりである。

しかもリズムが良いため、いっぱいに歌う箇所でも旋律線が少しも崩れず、それが音楽の清潔さを呼んでいる。

テクニックも見事で、自在に弾きながら洗練されている。

卓抜な技巧で、彼の十八番としている作品のひとつを演奏しているだけに、聴いたあと、すがすがしく爽快な気分が残る。

美音家のグリュミオーだけに、モーツァルトの音楽の典麗優雅な気分を、巧妙に表出している。

軽快でリズミカルな表現も抜群だし、抒情的でロマンティックな旋律の歌わせ方にもひかれる。

デイヴィスの指揮も含め、これほど音色も演奏もモーツァルトそのものといって良い録音は他に絶対に無い、と言い切ってしまいたいほどである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:19コメント(0)トラックバック(0)グリュミオー | デイヴィス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ