2009年12月02日

イタリア合奏団のロッシーニ:弦楽のためのソナタ全集、他


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ロッシーニの《弦楽のためのソナタ》全曲とドニゼッティの珍しい弦楽四重奏曲を2組収めたこのアルバムは、かつてヴィヴァルディも愛したという美しい響きのコンタリーニ宮でイタリア合奏団が1987年に録音した名盤。

ローマ合奏団の伝統を継承・発展させるために1980年に設立されたイタリア合奏団も、現在はメンバーの半数が入れ替わった。

ここで演奏しているのは設立時のメンバー。

イタリア合奏団の一糸乱れぬアンサンブルから生み出されるその豊麗な音色は、あのイタリアの抜けるような青空を思いおこさせる。

イタリア合奏団の明るい響きが溌剌とした演奏を生み出し、活気に満ちた表現をみせてくれると同時に、ロッシーニではドラマティックな作曲者としての片鱗を、この初期の作品の中に描き出しているのが興味深い。

ソナタ第2,4,5番の第2楽章など、まるでアリアのような美しい旋律を心ゆくまで歌わせており、イタリア人の歌心がもろに出た演奏で、実に楽しい。

豊饒な音、明るく楽しい響き、磨きあげられたカンタービレによって、溌剌と画期にみちた表現をみせるロッシーニも、アリアのような美しい旋律を心ゆくまで歌わせて魅力ある演奏を生み出しているドニゼッティも聴きもの。

ドニゼッティもメリハリをきちんとつけた好演奏。

音楽の源にいい風が吹いている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:14コメント(0)トラックバック(0)ロッシーニ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ