2009年12月03日

ガーディナーのモーツァルト:レクイエム


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



エリオット・ガーディナーがジュースマイヤー版を用い、オリジナル楽器によるオーケストラを起用して、この作品を再現している。

彼は過剰なレガートがロマン的な思い入れを一切排除して、すべてのセクションの動きを鮮明にし、引き締まった演奏を展開している。

多少、激しすぎる部分もあるが、モーツァルト晩年の思いを鋭く示した演奏だと思う。

また、モンテヴェルディ合唱団、イギリス・バロック管弦楽団、両者のアンサンブルの隙のない緻密な演奏も、この演奏の長所。

かつて愛聴していたワルター、ベーム、カラヤン、バーンスタインなどの演奏にもまた愛着はあるが、しばらく前からその分厚い響きやロマン的ともいえる情感をたたえた表現より、このガーディナーをはじめとするオリジナル楽器による演奏を聴くことが多い。

特にガーディナーの演奏は、同じくオリジナル楽器によるアーノンクールのように劇的ともいえる激しさはないが、合唱とオーケストラとの簡潔でバランスのよい響きが明快であり、その多彩な響きと自然な音楽の流れは積もった汚れを拭きとったかのような新鮮さがあり、これが本来の姿ではないかと思わせる強い説得力をもった演奏である。

独唱者ではバスのホワイトの、〈トゥーバ・ミルム〉でのオペラ風の歌いぶりが気になるが、他の3人はよく歌っており、中でもソプラノのボニーの透明な歌声と率直な歌いぶりが、モーツァルトの宗教曲にはふさわしい。

それに加え、アルトのフォン・オッターとテノールのブロホヴィッツも、整った歌いぶりでアンサンブルを美しく形成している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:58コメント(0)モーツァルト | ガーディナー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ